Xeon E3-1275v2で自作、まずは下調べ

投稿者: | 2012年5月21日

今使っているパソコンは、5年ぐらい前に買ったもので、壊れた部品を交換しながらだましだまし使っていたが、最近じゃWebサイトも凝ったつくりにになっているのかWebサイトの表示まで遅くなってきたような気がする・・・もうCore 2 duoじゃ限界なんです!

なにより、今やりたいDiablo3っていうゲームの必要スペックすら満たしていないことが分かったので、新しいPCを作ろうと思って、秋葉原に下調べに行ってきた。

日曜なので、歩行者天国になっていた。今日は、電車で来たからいいんだけど、しばらく来ないうちに、歩行者天国に自転車が進入禁止になっていた。

さて自作するのは良いけれど、普通の構成じゃ、HPとかDellの完成品を買った方が安いので、どうせ自作するなら、変わった構成で作ってみようということで、Xeonを使用かつECCメモリを使った信頼性重視のシステム構成にしてみようと思う。

ということで、C216というワークステーション用のチップセットを使ったマザーボードを探すことに・・・ASUSからP8C WSというマザーボードが発売されるらしいので売っていたらよいなと思って探してみたがまだどこにも売っていなかった。あと2~3週間は、発売まで待つ必要がありそうな予感・・・

マザーボードがしばらく手に入らないことが分かったのでケースを何にするかだけをじっくりと決めてきた。あんまり拡張するつもりもないので安いしデザインも悪くないのでAntech Oneって奴にしようと思う。

Xeon E3-1275v2で自作 その1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください