TOEIC対策なしで、1年半でスコアを250点あげた方法 その1

投稿者: | 2016年1月16日

TOEICのテスト対策をほとんどしないで、1年半の勉強で800点にはぎりぎり届かなかったけれど、スコアを540点から790点にあげることができたので、勉強した内容を書いてみる。

まず1年半前に、履歴書の飾りのためにTOEICでも受けてみるかと思い、テスト形式も知らない状態でぶっつけ本番でTOEICを受けてみたら540点しか取れなかったので、真剣に英語の勉強をやり直すことにした。

実はその時、リスニングとリーディングの間に休みがなく連続でやることも知らず、いつリーディングが始まるんだろうと5分ぐらいぼーっとしていたぐらいTOEICのテスト形式を知らなかった。

まず勉強の方針として、TOEICは毎月のようにやっていて、何度も受けられるけれども、英語力そのものを高めないと多分点数は上がらないだろうと思い、まず英語の総合力をつけるために、TOEICに再挑戦する前に、受験料もTOEICとほとんど変わらないのに、会話も作文のテストもある、英検準1級に挑戦してみることにした。

英検準1級対策でやったこと

英検準1級に受かったのと同時期に、1年間勉強したしどれぐらい英語力が上がったのかを確認するために、まったく対策をしないで2015年6月に1年ぶりにTOEICを受けたら720点取れた。

TOEICの結果

英検準1級を受かったので英検1級を受ける前に、修行としてTOIECで高得点を取得しようと思い(英検1級はレベルが高すぎる・・・)まずはTOEICの問題形式に慣れようと思い、公式問題集とか問題集を買ってきたのだけれども、テスト1回分をテスト前に1度だけやって飽きてやめてしまった。

公式問題集を繰り返して勉強と言っている人もいるけれど自分の性格では絶対無理だ・・・効率は悪いけれどいろいろな種類の文章を読んで勉強していくのが自分の性格にあっている。

TOEIC対策

同じ時期に、読解対策のために買った、読解特急シリーズも、文章が読んでいて全然面白くないので読解特急1だけやってそのまま放置状態・・・お金を出して買った本だから全部やらないと行けないとは思っているんだけどね・・・

そんな感じで、3か月後の9月に少し問題形式に慣れた状態で、受けたTOEICでは、テストの前日に親戚の新築祝いで、お酒を飲みまくって二日酔いで体調最悪の状態でテストを受けに行ったらリスニングがやばいほど聞き取れなくて、715点(L365 R350)だった。

TOEIC対策なしで、1年半でスコアを250点あげた方法 その2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください