Linuxで指定した時間にコマンドを1回だけ実行する方法

投稿者: | 2014年2月17日

法定停電で、サーバーを、指定した時間に一斉に落とすために、ATコマンドを使用したのでメモを残しておく。

■ ジョブの登録

2014年2月17日の12時に、コマンドを実行したい場合には、下記のようなコマンドを実行する。

# at -t ‘2014021171200’
at> shutdown -h now
Ctrl+D

■ ジョブが登録されたかの確認

下記のようにコマンドを実行すると、ジョブ番号、実行する日時、実行するユーザーが表示される。

# atq
1 2014-02-17 12:00 a root

■ ジョブの内容の確認

登録したジョブの詳細を確認したい場合には、下記のようにatコマンドに、atqコマンドで表示される出力結果の各行の先頭にあるジョブ番号指定することで、内容の確認ができる。

# at -c ジョブ番号

■ ジョブの削除

間違ってジョブを登録したなど、ジョブを削除したい場合には、下記のようにatrmコマンドに、atqコマンドで表示される出力結果の各行の先頭にあるジョブ番号指定することで、ジョブの削除ができる。

# atrm ジョブ番号


Linuxで指定した時間にコマンドを1回だけ実行する方法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Rspberry Pi でタイムラプスカメラ | オー!マイラボ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください