QNAP TS-219+ その2

投稿者: | 2011年4月16日

秋葉原に行ってWestern DigitalのWD6400BPVTという型番の2.5インチのハードディスクを購入した。

このハードディスクは、AFT(Advanced Format Technology)と称して物理セクタのサイズが従来の512バイトから4,096バイトに変更しているため対応していないOS(WindowsだとVista以前)で使用すると速度が低下するという症状が現れるらしい。公式サイトの対応ハードディスクの一覧を見る限りではQNAPに対応しているようなので購入した。

ハードディスクが手に入ったのでさっそく、箱から取り出してセットアップの準備を始めた。

まずは筐体の前面からハードディスクトレイを取り出してハードディスクを取り付ける。2.5インチのハードディスクを取り付けるとトレイが大きく見えるな。

ハードディスクトレイはラックマウントサーバーなどについているものと大体同じような感じ、ただし鍵をかけることはできないので、仕事で使うならちゃんと鍵がかかる部屋じゃないと使えないね。というか鍵以前の問題として筐体が小さいから丸ごと持ち去られるか。

両方のトレイにHDDを取り付けて筐体の中に戻してハードウエアの準備は完了!

次にハードディスクトレイを取り出すのはHDDが故障してRaidのリビルドをする時だな。出来ればそんなことは起きてほしくはないけどね・・・・

QNAP TS-219+ その1
QNAP TS-219+ その3


QNAP TS-219+ その2」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください