夏を越すことが出来なかった。

投稿者: | 2010年9月5日

5年ほど使用したNECの無線LANアクセスポイントがついに故障した。ちょっと前から通信が頻繁に切れたりなど故障の兆候が現れていたのだが、電源が入らなくなり永眠・・・

壁から取り外してみると焦げ臭いにおいがしたので、暑さに耐えられず基盤が焼けてしまったようです。

連日35度越えの気温だからしょうがないか・・・

メインで使用しているPCも突然再起動するようになってしまいほぼ壊れたといっても状態で、あまりの暑さで人だけでなく機械もおかしくなっているようです。

いつになったら涼しくなるんだろうか・・・

せっかくなので壊れたアクセスポイントのケースを開けて中を見てみようと思ったが特殊な形状のドライバーが必要なので断念した。

HPのラックマウントサーバでも似たような形状のねじを使用していた記憶があるけど、あの形のねじはなんていう名前なんだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください