Thinkpad x60sにSSDを導入 その1

投稿者: | 2010年8月21日

標準のHDDからIntelのSSD(X25-V)に交換して見た。

交換する前と後でClystal Disk Markでディスクのベンチマークテストをしてみた。

構造的にランダムリードの値が速いのはわかっていたが、恐ろしくランダムリードの値が速い!

ベンチマークの項目によっては元のHDDの200倍近く早くなっていてびっくり!

数値だけではなくOSの起動速度も目に見えて速くなった。

ただしOSが動作中の体感速度はあまり変わらないのでHDDが壊れたりしないかぎり、お金をかけて交換する価値はあまりないかもしれない。

300GBぐらいのSSDが2万円ぐらいで買えるようになったらメインのディスクトップの起動ドライブもSSDにしたい。

ベンチマークテストの結果は下記のとおりです。

[ThinkPad x60s with 標準のHDD]

Sequential Read : 29.521 MB/s
Sequential Write : 29.302 MB/s
Random Read 512KB : 7.909 MB/s
Random Write 512KB : 17.452 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.294 MB/s [71.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.721 MB/s [175.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.566 MB/s [138.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.714 MB/s [174.4 IOPS]

[ThinkPad x60s with Intel X25V]

Sequential Read : 138.189 MB/s
Sequential Write : 43.692 MB/s
Random Read 512KB : 126.795 MB/s
Random Write 512KB : 44.186 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 16.857 MB/s [ 4115.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 26.589 MB/s [ 6491.5 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 93.966 MB/s [ 22940.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 42.786 MB/s [ 10445.8 IOPS]

Thinkpad x60sにSSDを導入 その2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください