北京旅行 その3

投稿者: | 2018年8月20日

ツアーの朝は、早い朝6時ぐらいに起きて、朝食を食べて、観光地へと向かった。まず最初に行ったのは、北京オリンピックのメインスタジアムだった「鳥の巣」を見に行ってきた。

遠くから見ただけなので中がどうなっているかまでは見られなかった・・・現在は何に使われているんだろうか?

そのあとに、次の観光地、明の十三陵に行く前にツアーとセットになっているお土産物屋に1時間ぐらい連れていかれてあんまり興味がないヒスイを見せられた。買ってくれる人がいるから自分たちが安い値段でツアーに行けるので買ってくれた人たちに感謝!

明の十三陵は、すごい広大な敷地のなかに、明の歴代の皇帝のお墓が点在している。全部が一般向けに公開さているわけではないらしい、全部公開されていたら見て回るのに1日ぐらいかかりそう。


発掘されて地下に入ることのできる定陵に、行ってきた。写真の一番奥にある建物の後ろに、皇帝の発掘された皇帝のお墓の入り口があった。地下数十メートルの場所に、地下宮殿のようなお墓があって、当時の技術でよくこんなものがつくれたなと感心した。ガイドさんの話だと、当時の数年分の国家予算を投入して作られたらしい。

北京旅行 その2

北京旅行 その4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください