Lumia 950を買った(Continuum)その9

投稿者: | 2016年2月5日

Lumia950がマウスに変身する一方、ディスプレイのほうには、見慣れたWindows10風の画面が表示される。

Continuum (5)

アプリを起動するとこんな感じで全画面表示される。アプリをウインドウ化することはできないので複数のアプリを同時に画面に表示することができない。イメージとしては、Windows8でWindowsストアアプリを使っている感じ。

アプリをタスクバーで切り替えることができるのがWindows8との違い。

Continuum (6)

ExcelなどもPCのように使用することができるけれども、PC版のExcelと比べると機能が不足しているので数字を変えるとか簡単な編集しかできなさそう。ちなみにファイルを編集するのには、Office365の契約が必要だと初回起動時に表示された。

現時点では、Officeアプリの機能が不足しているのでたいしたことはできなさそうだけれども、今後のバージョンアップ次第では期待できそう。

Continuum (7)

Netflixで試しに、映画を見てみようとしたら、アプリがContinuumに対応していないといわれて起動できなかった。

調べてみるとUniversal Windows Platform (UWP)にソフトウエアが対応していないと、Continuumで使用することができないみたい。対応しているアプリは少しずつ増えているけれどもまだまだ少ない。

Continuum (8)

携帯電話を、PCのように使えるというのは未来を感じさせる機能だが、まだまだ発展途上という感じで実用のレベルには達していない感じ・・・本物のPCのように使えると期待していると失望するとおもう。

やっぱりそのうち出ると噂されているIntelのCPUを積んだWindows Phoneが本命なのかな。IntelのCPUを積んでいれば、PC用のソフトを携帯電話で直接、動かすことができるはずだし。

スティックPCにモニターと通信機能をつければまさに、携帯電話だから登場の時期は近そうな気がする。

Lumia 950を買った(Continuum)その8


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください