イヤフォンを落として無くしたので、SHUREのSE215を買った。

投稿者: | 2014年4月30日

長年使っていた、オーディオテクニカのイヤフォンを、電車の中で落として無くしてしまったので、前から使ってみたかったSHUREのイヤフォンを買ってみた。

前のイヤフォンは、ケーブルの表皮が裂けてしまったりしてボロボロになっていたが、まだまだ使えたので、本当に悔しい・・・

SE215 (1)

さっそく開けてみると、付属品は下記のような感じで、持ち運び用のケースが付いている、前に使っていたイヤフォンは、カバンの中に無造作に入れていたのでケーブルがボロボロになってしまったので、同じ轍を踏まないように、ケースに入れて気を付けて運ぶようにした。前のイヤフォンは、数年使ったけれどよくケーブルが断線しなかったなと思う。

今回かったSHUREのSE215は、ケーブルが交換できるようなので断線しても大丈夫なんだけれど、ケーブルの値段が本体の半分ぐらいの値段がするから微妙だな・・・交換しないで上位機種に買い替えてしまいそうで怖い。

SE215 (2)

装着の仕方が普通のイヤフォンと違うので、装着になれるまでに時間がかかる。また耳にかける部分のケーブルが固いのでケーブルが耳の形になじむまで数日かかった。

その後しばらく使った後も、右と左の表示がわかりずらいので、どちらが右か左か戸惑う時がある、ケーブルにもっと大きな字でLとRって書くか色分けをして欲しいなと思った。

SE215 (3)

音は、携帯電話に刺して使うのにはもったいないぐらい良い。専用のプレーヤーが欲しくなるね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください