HP 1810-8G v2を買ったその1

投稿者: | 2012年12月12日

いま自宅で使っているL2 Switch(GS908M)を退役させるために、HP 1810-8G v2を購入した。

買い換えようと思った理由は、大体次のような感じ。

  • 触ると熱いと思うぐらい発熱をして、上に置いてあるルーターに熱でダメージを与ているような気がする。
  • 発熱をするということはたくさん電気を使っているので電気代がもったいない。
  • 数年前の製品だし最近調子が良くないので買い換えようと思ってた。

箱を開けて初めて製品を見たとき筐体に書いてある製品名に、「v2」が書いていなかったので旧製品が送られてきたのかと思って型番のJ9802Aを検索してしまった。

ケースは、金属製でなくプラスチック製だった、ちょっと安っぽいが、性能には関係がないからまあよしとする。

ちょっとマイナスな点として、日本向けの製品なのに箱の中に、日本語のクイックスタートガイドが入っていなかった。

まあ翻訳するような難しいことは書いていないけれど、日本市場向けの製品だから日本語マニュアルをつけてほしかった。

HP-1810-G8-v2

ある程度トラフィックが流れている状態での消費電力の測定をしたかったが、スイッチに高い負荷をかける術がないので待機時の消費電力を比較してグラフを描いてみた。結果は、大体カタログスペック通りの消費電力だった。

数年前に購入したスイッチと比較をすると消費電力が半分以下になっていた。半導体技術の進歩って素晴らしい!

energy consumption

Webインターフェイスにログインしてさっそく設定をしてみた。

HP 1810-8G v2を買ったその2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください