Xeon E3-1275v2で自作 その2

投稿者: | 2012年7月29日

久しぶりにパソコンを組み立てたので要領を忘れてしまっていたことと、高価な部品を使っているのでマニュアルを見ながら慎重に作業をしたので部品の数が少ないのに組み立てるのに5時間ぐらいかかってしまった。

はまった点その1
クロックアップをするわけでもないのでCPU付属のクーラーでも十分だとは思うんだけれども、プッシュピン型のCPUクーラーは、プッシュピンを押し込むときにマザーボードにダメージを与えていそうで、やな感じなので、バックプレートで取り付けられる、Cooler Masterの風神スリムというやつを購入した。

バックプレートにねじ止めするタイプのCPUクーラーは、プッシュピン型の奴よりつけやすいかと思っていたがそうでもなかった・・・部品点数が多いのでしっかりとマニュアルを読まないと取り付けられない。

はまった点その2
ものすごい初歩的なことなんだけど、マザーボードに取り付けるねじの種類を間違えていた・・・本当はインチねじを使わないといけないのにミリねじを使っていた。ケースに付属しているねじの数が足りないことで気が付いた・・・

ミリねじは通常、ケースにブルーレイドライブなどを固定するために使われるみたいだね。

写真の上が、インチねじ、下がミリねじ。

何とか組み立て終わったが、ケース2個ついているファンのうちケースの背面についている、ファンの電源ケーブルの長さが足りなくてマザーボードに接続ができない・・・延長ケーブルを買いに行かないと・・・

後は、電源を入れて起動するかを確認するだけです。一番ドキドキする瞬間です。

Xeon E3-1275v2で自作 その1
Xeon E3-1275v2で自作 その3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください