柳崎氷川神社

投稿者: | 2011年6月17日

今使っているデジカメに、電池が持たないなどの不満が出てきたのでデジカメを買い替えた。

FUJIFILEのFinepix F550 EXRっていうやつを買った。

黒と赤のどっちにしようかとかなり迷ったが、黒は地味すぎるかなと思って赤にした。

今まで使っていた、同じ価格帯の2年前に発売されたデジカメと比べて笑えるほど性能が上がっている、連射ができるようになっていたり、一瞬でピントが合わせられたりとハードウエア&ソフトウエア面での性能がかなり向上している。

初めて買ったデジカメは30万画素ぐらいかなかったのを思い出して半導体技術の進歩の速さを改めて実感した。

[柳崎氷川神社]

新しく買ったデジカメを、早速試してみたくなったので、川口(東浦和の駅の近く)まで自転車で散歩に行ってきた。

神社の前にあった由緒書きから要約した神社の歴史は以下のような感じ。

具体的な創建の時期は不明だが、江戸時代の「新編武蔵風土記稿」によると、当時、柳崎及び井沼方二村の鎮守であったとの記載がみられる。

その後、明治6年(1873)に村社となり、同41年(1908)年には、字後町の稲荷神社及び白山神社、字西ヶ原の稲荷神社を合祀し現在に至っている。

本殿の裏側にあった合祀された神社たち。

家に帰って気が付いたことが一つEXRモードっていうやつを使って写真を撮ると写真の解像度が自動的に決定されてちょっと気持ちが悪いな。

マニュアルを読まないで適当に使って機能についてボタンを押したら写真が撮れるよぐらいしか理解してないから、設定で固定することができないかなどいろいろ調べてみるか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください