吉見百穴に行ってきた その2

投稿者: | 2013年11月27日

大木うどんからかなり走って、何とか吉見百穴までたどり着いた・・・古墳時代のお墓で、崖にたくさん穴が掘ってある。明治時代ぐらいには、コロボックルとかいう小人の住居だったとかそんなことが真面目に語られていたと看板に書いてあった。

吉見百穴

太平洋戦争中は、軍事工場が地下に造られていたみたいでその入り口があった。確かに、穴がたくさん掘ってあるからカモフラージュになるな。

吉見百穴 (2)

中はこんな感じになっていて途中まで入ってくことができる。一番奥のほうには危険なのでふさがれていて入ることができない。

吉見百穴 (3)

吉見百穴に行ってきた その1
吉見百穴にいってきた その3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください