川越に行ってきた その1

投稿者: | 2013年11月5日

雨が降っているので、電車で川越まで行ってきた。家を出発したのが2時ごろだったので、川越についた時には三時を回っていた。

事前の調査で頑者っていうラーメン屋がおいしいらしいと聞いていたので、観光の後に、食べようと思っていたら、お店が16:30分で閉まるらしいので、昼ご飯を食べていなかったし、先にラーメンを食べることにした。

客を入れて、全員が食べ終わったら客を入れ替えるという方式のお店で店の外で30分ぐらい待たされた。その間に、めちゃくちゃ雨が降ってきてズボンと靴がびちょびちょになってしまった。

正直、長時間、並んで食べるほどは、おいしくはないと思うんだけど、苦労の分だけおいしく感じた。並ぶのも楽しみの内ということにしておく。

頑者

川越というと、喜多院と蔵造の街並みが有名なので、まずは喜多院に行ってきた。

喜多院の入り口にある白山神社という神社、横にあった石碑によると、「慈覚大師円仁が喜多院を創建した際に、天台宗の霊場である白山の神仏の分霊を祭った」とあり、お寺が作られたのと同時期に作られた結構由緒正しい神社らしい。

白山神社

時間がなくて、敷地内の建物を少し見ることができなかったが、後から調べたら五百羅漢とかいう500ぐらいの石仏があったりするらしい、今度行くことがあったら見に行こう。

喜多院

川越に行ってきた その2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください