長瀞にいってきた その2

投稿者: | 2013年8月18日

阿佐美冷蔵っていう店が有名なので行こうとしたら、「本日の営業を終了しました」という看板が立っていた。

仕方がないので長瀞の駅の近くの八幡屋というお店に行ったら閉店間際なのに30分ぐらい並んだ・・・でも気温の高さと待たされた分の期待感があってとてもおいしく感じた。

氷のきめが細かくて口に入れるとふわっと溶ける、このかき氷は美味しいぞ。なんか雪を食べてるみたいだ。

阿佐美冷蔵は、聞くところによると数時間並ぶようだ・・・さすがにかき氷に数時間も並ぶ気は起きないな。寒くなってきたからかき氷もどうかと思うけど、来るとしたら客が減る秋だな。

かき氷

せっかく長瀞に来たので有名な石畳を見てきた、石畳の入り口に行ったら、階段になっていて人しか通れな買ったので入り口がほかにないかと探したら、車用の道が近くにあったので祖から石畳に下りて行って、石畳の石に自転車を立て掛けて川のほうに歩いて行った。

長瀞の石畳(1)

下流では、あんなに川幅が広かった荒川も秩父のほうまで来るとこんなに川幅が狭くなっていた、本当に同じ川とは思えない。

長瀞の石畳(2)

石畳を見た後、夕方6時ぐらいになっていたので、土産物屋で漬物を買って、長瀞の駅から家に帰った。輪行袋に自転車を詰めている最中に電車がホームに入ってきて、電車に間に合わないかと思ったが、電車が発車する直前に乗れてよかった。乗れなかったら田舎だから駅でかなりの時間、待たされただろうな。

長瀞駅


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください