Xeon E3-1275v2で自作 その4

投稿者: | 2012年8月18日

OSのセットアップと環境移行が完了したので、いくつかベンチマークテストを実行してみた。

[Crystal Disk Mark]

SSD超速い!!

Windowsのログイン画面が5秒ぐらいで表示されるだけあってめちゃくちゃ早い。ランダムリードは、HDDの100倍ぐらい早い!

[3D MARK11]

Xeon E3-1275v2に内蔵されているIntel HD Graphics P4000のDirectX 11の性能を調べるために実行。

見るも無残な結果・・・ベンチマークの実行中は、一桁台のフレームレートしか出ていなかった。所詮は、CPUのおまけのグラフィックです・・・

Score
P842 3DMarks

Graphics Score
719

Physics Score
7419

Combined Score
805

[Cinebache R11.5]

Xeon E3-1275v2に内蔵されているIntel HD Graphics P4000はOpenGLに最適化されているという話なのでOpenGLの性能を調べるために実行。

なおWindows標準で導入されるドライバでは、機能が足りないらしくインテルのホームページから最新のドライバを落としてきて導入しないと実行することができなかった。

所詮は、CPU内蔵のグラフィックなのでそんなに性能は高くないな。

OpenGL: 22.8 fps
CPU: 7.31 pts

[Super Pi]

昔からの定番のベンチマークテストなので実行してみた。

ついに104万桁を、9秒で計算できるようになった。昔使っていたPenitum4とかだと一分以上かかっていた記憶がある。ちなみに419万桁だと49秒だった。

その5へ続く・・・

Xeon E3-1275v2で自作 その3
Xeon E3-1275v2で自作 その5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください