神田明神

投稿者: | 2011年3月5日

[神田神社]

お茶の水と秋葉原には、良く行くにかかわらず神田明神に一度も行ったことがないので行ってみた。

神田明神の歴史はこんな感じらしいです。

正式名称は、神田神社といい、天平2年(730)の創建で、東京の中で最も歴史のある神社の一つです。

初めは現在の千代田区大手町・将門塚の周辺に鎮座していたが、徳川家康が江戸幕府を開き江戸城が拡張されたさいに、江戸城から表鬼門にあたる現在の地に遷座しました。

それ以降、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として幕府から江戸庶民にまで多くの人々の崇敬をうけました。

また明治に入ってからは、准勅祭社・東京府社に定められました。

また、神田神社が執り行う神田祭は、日本三大祭・江戸三大祭りのひとつに数えられ、2年に1度行われます。

所在地:東京都千代田区外神田2-16-2

[麺屋武蔵 巌虎]

担々麺を食べた。

所在地:東京都千代田区外神田1-3-9


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください