見沼たんぼ周辺を探索

投稿者: | 2010年12月5日

見沼田んぼに行ってきた。武蔵野線を超えたあたりは、昔ながらの風景が残っていていて景色が良いので自転車で走っていて楽しいよ!

今まで緑のヘルシーロードというサイクリングロードの周辺しかしか走ったことがなかったので、範囲を広げて周辺を探索してみると。じつは周りが丘になっていて山間の谷のような地形になっていることが分かった。

調べてみたところ下記のような理由で周りが丘のようになっているようです。

見沼田んぼは、大宮台地が芝川の流れによってけずられて谷(開析谷:かいせきだに)となり、それが発達して平野(谷底平野:たにぞこへいや)になったものです。大宮台地には、このほかにもたくさんの開析谷があり、土地の高い低いが多い地形となっています。

途中で芝川の上にかかる橋から取った写真。遠くの方には大宮のビルがみえる。大宮まで行くとそこそこ都会なのでせいぜい10kmぐらいしか離れていない場所に、昔ながらの風景が残っているギャップがいい!!

帰りに浦和美園の駅の近くを通って帰ったら、周りの開発が猛烈な勢いで進んでいてびっくりした。

確かに埼玉高速鉄道ができてから東京に行くのに便利になったから宅地の開発は進むよな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください